新宿・歌舞伎町のラブホテル Designer's HOTEL&SPA PASHA RESOR

新宿・歌舞伎町のラブホテルの新型コロナウイルス対策は?

マスクをした女性

20.05.28

新型コロナウイルスが猛威をふるい、非常事態宣言が全国に向けて発令されていましたが、5月25日東京都でも非常事態宣言が解除されました。
とはいえ新型コロナウイルス感染者数などが日々ニュースでも取り上げられ、まだまだ終息を迎えそうにないのが現状です。
「アフターコロナ」「ウィズコロナ」というワードも誕生しました。
三密を避けるなど対策が国民には要請され、マスクの着用や不要不急のお出かけを控えるなど、個人レベルでもできることに気をつけている毎日ですが、カップルで愛を育むラブホテルはどうでしょう。
アフターコロナでラブホテルではどのような対策がなされ、安全を担保するのかは大きな課題です。
新宿・歌舞伎町のラブホテルではどのような対応がなされているのか、具体的に見ていきましょう。

 

新宿・歌舞伎町ホテルパシャリゾートの新型コロナウイルス対応

ハンドソープ、体温計、アルコール消毒液、マスク

●ロビー、エレベーターホール等共用部にお客様用の消毒液を設置
消毒液を要所に配置することで、手指を常に清潔に保つことが可能です。
気になったときにすぐ消毒ができる手軽さは、お客様の不安を緩和します。

●全客室に消毒用おしぼりをご用意
お客様がお部屋にいる際に自由に使用することができます。
おしぼりを取りに行く必要やスタッフを呼ぶこともないので、他人との接触を減らします。

●退室後の十分な客室換気の徹底
お部屋の換気は新型コロナウイルス対策として必須ですが、退室後に徹底して行い、室内の空気中のウイルス濃度の低下をさせます。

●アルコール消毒液を使った清掃業務の手順の見直し、強化
清掃業務は有効な対策の代表格ですが、アルコール消毒液を日常的に使用することで、ウイルスが付着してもすぐに清浄を取り戻すことができます。

●清掃スタッフへの手洗い、消毒の徹底
スタッフの手洗い・うがい、消毒、検温、マスク着用などスタッフ一人一人の感染防止に対する意識を高めています。
スタッフ自身を守るためにも有効な手段です。

 

アフターコロナでもラブホテルに行っても大丈夫?

スケッチブックに書かれたアフターコロナ

メディアなどでも連日多くの時間が割かれるアフターコロナの昨今でも、ラブホテルに行って大丈夫なのかという不安の声はあるでしょう。
ベッドのシーツに衣服を纏わない状態でいることが多いラブホテルでは、コロナウイルス感染を心配する気持ちは当然ともいえます。
たしかにラブホテルでは、感染のリスクがないとは言い切れません。
消毒等がきちんと行われていなければウイルスが残っている状態で次のお客様がお部屋に入ることもあり得ます。
しかし、きちんと対策を行い、対策を公表しているラブホテルならある程度安心感を持って利用することは可能です。
新型コロナウイルスの特性を知ったうえで、感染リスクを最小限にするために対策が練られていれば、不安に感じることもさほどありません。
消毒やシーツの交換はもちろん、お部屋の換気等も気を使って行っていれば、ウイルスは除去することが可能です。
入室前に体温を測る等の対策も併せて行っていると、さらにリスクを軽減することができます。
人が触れるところや触れる可能性のある部分の消毒がきっちりされていれば、ウイルスが生き延びることは困難になり、次の利用者に感染するリスクを大幅に減少させることは可能です。
ラブホテルを利用する前に、そのホテルがどのような対策をしているのかを調べることが重要でしょう。

 

コロナウイルスが及ぼすカップルへの影響

ベッドで手を重ねるカップル

ラブホテルはカップルが愛を育む大切な場所であり、同居していないカップルは会う回数も減っているでしょう。
「コロナ破局」や「コロナ離婚」なんていうワードも耳にしたことがあるのではないでしょうか。
会わないうちに冷めてしまったり、自然消滅してしまうカップルも増えているようです。
しかし、反対にお互いの大切さに気付いたり、お互いの気持ちをチェックする良い機会ともいえます。
非常事態宣言が解除されたいま、当ホテルの利用者も少しずつ増えてきています。
まだまだ心理的に不安な面など影響はもちろんありますが、対応がきちんとできてさえいれば、ラブホテルはむしろ他人との接触が少ない空間でもあります。
一度入室してしまえば、退室するまで他のお客様と顔を合わせることはほとんどありません。
カッブル2人の接触はもちろんありますが、それ以外の可能性を排除できるため安心感があります。
また、一般的なホテルと違って食べ物などの持ち込みもできるため、見ず知らずの人たちと一緒に飲食をすることもありません。
予防の対策さえできていればむしろマイナスの影響は少なく、メリットの方が多いほどです。
新型コロナウイルスが流行する前よりも利用者が増加しているラブホテルも実際にあり、開示された情報と実際の内容で評価がされています。

 

まとめ

緊急事態宣言が解除されたいま、新宿・歌舞伎町も少しずつ人通りが戻ってきています。
当ホテルのみならず、JHTホテルグループ全店でお客様に安全な空間を提供するため、コロナウイルス対策を徹底しております。
感染のリスクはゼロではありませんが、今後もお客様と従業員の安心と安全確保を全力で行ってまいります。
今後ともJHTホテルグループ、ホテルパシャリゾートをよろしくお願い申し上げます。